Shoesfit.com

HOME < 足と靴の話 [ 子供の足と靴 ]

足と靴の話

子供の足と靴

子供の足の特徴

子供の足を知るには、まずどのように足が発達し、いつから歩き始めるかを把握しておく必要があります。標準的な発達は次のようになります。

子供の足の成長段階子供の足の成長段階

子供の足の成長段階は、大きく次の4段階に分けることができます。正しい足骨格の成長のためには、成長段階に合った正しいサポートが大切です。
  • 1. ベビー(1~2歳) 足長12~14cm

    足は、骨格、筋肉ともに未発達で、歩行もまだまだ不安定なよちよち歩きです。足全体が厚い脂肪層で包まれているため、外見的には土踏まずのない「扁平足」に見えますが、「扁平足」の判断基準となる足の骨格アーチは未だ形成されていません。

  • 2. トドラー(3~5歳) 足長15~17cm

    トドラー(toddler)とは英語で「よちよち歩きの子供」という意味です。運動量の増加に伴い足の骨格が発達してくる大切な時期です。足骨格の縦方向(足の長さ方向)のアーチ構造は、この時期に発達が始まります。

  • 3. プレジュニア(6~7歳) 足長18~19cm

    歩き方がしっかりとした成人型となり、足の骨格が成人に近づいてくる時期です。足骨格の横方向(足の幅方向)のアーチ構造は、この時期に発達が始まります。

  • 4. ジュニア(8~10歳) 足長20~22cm

    足の骨格が成人に近づき完成間近な時期です。足骨格の基本である縦方向(足の長さ方向)、横方向(足の幅方向)のアーチ構造も完成間近です。

おすすめ対策!
TOP